スポンサーサイト

--,,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進む道

2012,,25
来年度アメリカにいることが決まった。

今後どの大学の℃の研究室から連絡があるかわからないけど、納得のいく大学からひとつ内定をもらった。

今のままの自分じゃまだまだか細くてはかなくて頼りない。

せめてあと半年で少しでも自分のことを自分でできる人間になりたい。

英語もそう、専門科目もそう、コミュニケーションもそう、研究内容もそう。

とりあえずプログラムはもっとしっかり勉強しなきゃ話にならないな。

でもこの段階で一つ明確に目標が決まったわけで

今後どう過ごしていくかでアメリカにわたってからの動きも変わってくる。

最高のスタートが切れるようにしたい。

ちなみにいま連絡をもらったのは

http://ceron.jp/url/www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=ahBEP4BxlxLE

ここでハーバードを抜いて話題になったところ。

さぁーて、マジで妥協なんてできない。
スポンサーサイト

久々の更新

2012,,24
いまだに進路が決まらないたちこまです。
どうも。

大学四年もほとんどが終わり、卒業を待つのみとなった身だけど、まだ来年度に自分がどこにいるのか決まってません笑

まぁたぶんアメリカに行けるとは思うんだけど、自分の希望する世界に行きたいな。

留学目指して一年間研究も準備も勉強もやってきたわけだし。

正直全力を出し切れたかって聞かれるとうなずききれない面もあるけど、それはこれからの課題。

もっとおっきな人間になって背中でモノが語れるようになりたいね。




とりあえず日本学生支援機構の長期留学支援の結果がもうそろそろ出るはず。

それを取った上でまた先方に連絡をしていこうと思う。

ちっぽけな自分がしっかりと立つために、一つ一つ積み上げていきたい。




なんか久しぶりに文章書いたけど、詰まんない文章だなー笑

ちょっと真面目に文章書く練習しよう。タイピングの練習にもなるし笑

とりあえず読んだ本とかまとめて行こうか。

後で読み返してあーって思えるような内容をここに書いておきたいもんだ。

始点

2011,,23
今どこにいるんだろう?

周りを見回してみよう。

何が見える?

僕の周りには真っ暗な闇が見える。

少し背伸びしてみよう。

僕の周りの闇が、ちょっとだけ広がった気がした。



目標は必ずしもゴールじゃなくて

どちらかといえば

目標はスタートに立つためのもの。

ゴールがゴールであることはまれで

結局スタートでしかないことがほとんど。



スタートってどこからスタートなのか

スタートしたと思えばそこがスタートなのか

それならゴールはどこがゴールなのか

ゴールしたと思えばゴールなのか

ゴールでもスタートでもない場所って何なのか

なにもない場所ってのも

スタートだと思えばスタートなのか



ぐるぐる回る世界の中で

ぐるぐる回る頭で決める

ぐるぐる回るコースはじつは

スタートとゴールをぐるぐるまわる



やってやろうって決めたら

そこがスタート。

上昇志向で上昇思考

2011,,14
俺は生まれは札幌だけど仙台で育った。

正月実家に帰ったときには家族でドライブして気仙沼までいった。

名取の高校とはよく試合したし、石巻には毎年夏に大会出るために遠征したし、新人戦も石巻でやった。

南三陸町(合併前の歌津町)には春に必ず合宿してた。夜に出るカレーがうまかったし、練習後にロビーで春休みの宿題をみんなでやった。




ニュースで流れるそれらの地域の映像はどれも自分が知ってる街の景色とは違った。

津波でさらわれ、家があったはずの場所は更地になってた。




実家の辺りは津波の被害こそなかったが、未だに水やガスが止まっていて食料も不十分。

物資がほしくてもガソリンがなくて移動もままならない。




自分は首都圏にいる。

計画停電だとか電車ダイヤの乱れがメディアを賑わわせている以外、普段とほとんど変わらぬ日常。


何もできないのが悔しくて、1人でぬくぬくいるのが嫌で、何かしたいと呼び掛けた募金に、本気で賛同してくれる仲間。


現地の友人たちは互いに励まし合い、もう前を向いて、現状をしっかり見つめながら力強くたってる。





月並みかもしれないが、ちっぽけな自分を感じると共に、人間の強さ、仲間のありがたみを感じた。


絶対に立ち直らせて見せる!

これからが正念場だから頑張ろうな!


と、声を掛け合う仲間たち。


彼らの姿勢があるかぎり、仙台をはじめとして被災した地域はこれから確実に、着実に、絶対に復興して、今まで以上に強く輝く町になっていくはず!



俺たち現地から離れたところにいる専門技能を持たない人間は、たとえ現地に行っても邪魔になる。物資を送っても仕分けが必要で現地の人の負担になる。


だからって何もできない訳じゃない。


節電したり、募金したり、励ましたりできる!



これを読んでくれた人はぜひ、僕らと一緒に現地を思って生活して欲しい。


普段の生活を送りながら、余った力ででいいから被災地を支えて欲しい。


現地の人の希望溢れる行動を支えて欲しい。



各地から寄せられる希望溢れるツイートや情報を目にする限り、日本はもっと強い国になっていくと切に感じる。

地震

2011,,12
幼稚園から高校まで育った宮城県。

仙台で大きな地震があり完全に孤立している。

親は仙台にいるが子は大学で県外に出てる。

心配だ。

とても心配。

しかし離れてる自分には今は何もできない。

大事な時にそばにいられないことが悔しい。

東北新幹線はいつ復旧するのだろう?

現地に行きたい。

家の中はめちゃくちゃにされたらしい。

片づけ位俺がやって

少しでも両親の負担を軽減してあげたい。
 HOME 

プロフィール

たちこま

Author:たちこま
上昇志向で邁進中、時々立ち止まって考え事をしたくなる理系大学生の日記(^^)コンセプトは【あいさつ】をクリック☆

最新記事

毎度どうも~^^

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

TOEICボキャブラリー4択ドリル

検索フォーム

RSS

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。